空と音

アクセスカウンタ

zoom RSS 譜読みだったのだ

<<   作成日時 : 2012/06/02 23:05   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


今日は第1回練習。

第九の譜読みでした。


普通に演奏して70分くらいの曲なので、

止めたりしていたら練習時間終わっちゃう。


ということで、

譜読みなのに

譜読みだから?


普通並みの演奏スピードで

合奏しました。




撃沈。









練習会場に行ったら、

きれいにトップ席が空いていました。



うううううううううう





トップの席に着いたら、

トップをやってもらう予定だったおじさまが

「ここのボーイングはどうするの?」

といきなり聞いてきた。



え。よくわかんない。


と戸惑っていると、


「ここは一弓じゃつらいから 小節毎に切るでしょ?

それからここはダウン・アップ・アップで…」


…トップやりたいんじゃん?

やっぱり。



あ、そうか目が悪いんだっけ。




あ”−−−−−−−−−−−−−−


へんなの。






練習は落ちまくり。

トップ席に座ってるくせに。


ぐちゃぐちゃだし。



でも



楽しかったなーーーーーーーー。


だいくーーーーーーーーーーー。






帰りはコンマスさんのボーイング

写させてもらうために

久し振りにごはん食べに行きました。


そこでガリガリ運弓を写させてもらう。





それからコンマスさんに

トップって何をすればいいんですか

と聞いてみた。



「パートのみんなが

 この人につける(合わせる)ぞ!

 と思えるように

 引っ張っていけることが大事。」


と回答しただきました。



上手い下手 の問題でなく、

メンバーの信頼を得られるかどうかが大事

ってことですね。



うむ。


下手だと信頼は得られないよね。


で、実際、

自分はイヤガラセまがいで座らされているんだから


みんなは私を信頼なんてしてるわけない。


ので、


やっぱりあそこに座っていてはいけないのだ。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コンマスさんあたりから、チェロのトップについて一言もの申していただくわけにはいかないのかね。
トップをするにはやっぱり
一に上手さ
二に上手さ
三に上手さで
四くらいに信頼というか人柄じゃないのかね?

芋子
2012/06/03 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
譜読みだったのだ 空と音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる