空と音

アクセスカウンタ

zoom RSS クラリネットといえば

<<   作成日時 : 2007/09/23 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4


クラリネットの旋律が美味しい曲!
って言えば何になるんでしょう。

協奏曲以外で。






今日のN響アワーはクラリネット特集。


N響首席クラリネット奏者をお迎えしての内容は、

・クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 から 第1楽章 ( モーツァルト作曲 )
・「楽興の時」 第3番 ( シューベルト作曲 ) ←ALLクラリネットで
・クラリネットとオーケストラのための ラプソディ 第1番 ( ドビュッシー作曲 )
・交響曲 第6番 「悲愴」 から 第1楽章 ( チャイコフスキー作曲 )


……悲愴?


聴く側と演奏する側ではひとつの曲に対する思い入れは違うのかもしれませんが…

悲愴……なんだ。


いや、悲愴好きですけどね。

悲愴1楽章と言えば、やはりドアタマにソロがあるFgが大変そう
ってイメージだったもので…。
そうかぁ〜クラ奏者にとっても大変な曲なのね。

勉強になりました。




最近、毎週のようにN響アワーを見る人になってます。
なんだかんだいって楽しめる番組なんだよね〜。

で、ちなみに来週の番組内容は…

「オーケストラの森  東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
 組曲「惑星」 作品32 から    ( ホルスト作曲 ) 」

わははははー。
えぬきょーあわーなのに東京シティ、だって。

N響アワーはお休みなんですかね。

「惑星」から ってあるけど、何やるのかなー。
全曲…はやらないよね?
私は水星が好きなのです。
カットされませんように。




*私信  DVD録画完了です☆




■ほかの方のまっとうなN響アワー感想ブログ
「N響アワー:もっと知りたい!ぼくのだいすきなクラリネット 」(音楽徒然草/24hirofumiさん)
「横川晴児さん」(Zauberfloete 通信/Zauberfloeteさん)

■N響アワー 公式ホームページ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
N響アワー:もっと知りたい!ぼくのだいすきなクラリネット
ゲストは横川晴児さん。 ...続きを見る
音楽徒然草
2007/10/01 12:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ブラームス「クラリネット5重奏曲」なんていかが。
ブルッフの「ヴィオラとクラリネットのための協奏曲」もオススメ。
ヴィオラとクラリネットは音の相性がいいの♪
こーたろー
2007/09/24 22:32
ブラームスのクラ5!次回のアンサンブル大会でやるみたいですよ〜。私は年末渡豪予定なので不参加ですが…。
やっぱり「クラリネットといえば!」と言えるほどのいい曲なんだね。
ヴィオラとクラって、そうだね。音域も温かみがある感じも似てるねぇ。
たこわさ(おおぅっ)
2007/09/24 22:48
私も『悲愴・・・?』って思いましたよ。確かに怖い場面ではありますがネ。
個人的には『ローマの松』よりジャニコロの松がお勧め。ほとんどクラソロなんだけど幻想的ですごく美しい曲。いつかやってみたいなぁ〜。

耳が肥えてしまったせいか、日本を代表するプロオケの首席奏者の割にはイマイチと思ったのは私だけかなぁ。歳をとると素直に聴けなくなるのかなぁ。

やっすー
2007/09/26 23:03
クラ特集は期待したほどではなくて残念でしたよねー。特に首席奏者サマについては、人間関係とかいろいろ考えちゃいました。
彼のいい画がなくて『悲愴』になったのでは?というやっすーの意見にはなるほど、と納得しました。そういうこともあるんあだね〜。そうじゃなければもっと他の良い曲選びそうだもんね。
たこわさ(管理人)
2007/09/29 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラリネットといえば 空と音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる