空と音

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽章間拍手

<<   作成日時 : 2007/05/27 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

定演終わりました。
エロイカ、個人的には
一小節早く間違って出ちゃったり、
途中で集中力途切れさせて落ちちゃったり、
ついうっかりビブラートかけちゃったり、
全体でも
まるっきり聞いたことない音楽になっちゃった箇所があったり、
アンケートでいろいろ書かれちゃったり、
と、いろいろありましたが…
何とか終わりました。


コンマスさんが演奏前に、
「のだめ」の中で千秋くんがラフマのPコン演奏時に思ったように、
「いやだな、もうすぐ終わってしまう」
と思えるような、楽しい演奏にしよう。
と、話してくれました。

そのお蔭か、有難いことに今日はそう思うことができました。
4楽章。
Prestよりももっと前の静かになる箇所で、
あー、終わっちゃうーーー、
今度ベトベン様やれるのはいつかなー。
と切なくなりました。

そう思えた演奏っていうのは充実感が違いますね。
演奏の出来自体は前回のチャイ4のときの方がよかったんだろうけど、
演奏後の達成感とか、満足感は今回の方が数段上でした。

ここに至るまでも練習関係でいろいろあったし…
いろんな意味で今回の演奏会は忘れられないものになりそうです。




さてさて、
今日の演奏会、演奏以外で面白かったのは、
楽章間で毎回拍手があったこと。
クラシックコンサートのことをあまり知らない人が拍手しちゃったのだろうけど…
1楽章のあとに起こった拍手は、心からの拍手に思えて嬉しかったです。

指揮者の先生も打ち上げで、あれは嬉しかった、とおっしゃっていました。
今回、ベトベン様が作曲した当時の演奏を再現する、ということで
ノンビブラートのピリオド奏法で演奏したり、
オケの配置をVn対面式にしたりしていたのですが、
拍手も、当時は楽章毎だったのです、と先生は話してくださいました。
だから、もしかしたらそのことを知っていたマニアな人が
「対面式に、ピリオド奏法!これは聴く側も当時のスタイルに合わせて…」
と拍手したのかもしれない。
と考えられないこともないので、(かなり無理がありますが)
拍手の瞬間、やった!と思ったのだそうです。

へぇーーー。そういう考え方もあるのか。
おもしろい。








はぁーーーーーーー。
本当にいろいろ、いろいろいろいろーーーーーーーあったエロイカでしたが、
今は終わっちゃって、少しさみしい気分です。

次回がファミリーコンサートなので交響曲やらない、ってのもありますが…。
ま、仕方ない。
次回&来月の団内アンサンブル大会に向けて気持ちを切り替えて行こう。

次々回、1年後の記念演奏会はマラ1だし!
初マーラーですよー。
ドキドキしますな。



ではでは、皆様お疲れ様でした!

ソロがめっちゃんこうまくいった そこのあなた様も、
お疲れ様でした!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
演奏会おつかれさまでした。
打ち上げは三次会まで行って
家に帰ったのは3時でした。
月曜日の仕事は辛かったです(笑)

フライングしちゃったのが残念だけど、演奏が終わった時のソリスト紹介の時にみんなが床鳴らしてくれたのがすごく嬉しくてウルっときてしまいました。やっぱりオケっていいね。
もっともっと良い音楽ができるように頑張ろうと
思いましたよ。
アンサンブル頑張ろうね☆


やっすー
2007/05/29 21:53
やっぱりウルってしてたよね!?みんなに拍手もらいながら立っているときの瞳が潤んで見えたから、こっちもウルっときちゃいましたよ。

アンサンブルでも拍手もらえるよう頑張ろうね☆
たこさわ(管理人)
2007/06/03 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽章間拍手 空と音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる